破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽井沢
旧軽井沢銀座

軽井沢
年間800万人の観光客が訪れる日本有数のリゾート地。古くは中山道の峠越えをする人々で賑わった宿場町。明治時代に英国人宣教師ACショーらに避暑適地として紹介されて以来、外国人の別荘やホテルが点在する欧米風の雰囲気を持つ町として発展してきた。
軽井沢は新・旧軽井沢、中軽井沢、北軽井沢、南軽井沢、信濃追分の5つのエリアに分けられる。その中で、北軽井沢のみ群馬県で残り4つは長野県である。

旧軽井沢銀座
旧軽ロータリーから軽井沢ショー記念礼拝堂までの通りが旧軽井沢銀座。様々な種類のショップや食事処が並んでいる。細い路地へ入ると歴史あるホテル、テニスコート、別荘などがあり、昔ながらの避暑地の風景が広がる。通りでは小型のものから大きなものまで様々な犬と、上品な飼い主を多く見かける。上の写真が旧軽銀座。

聖パウロカットリック教会
軽井沢のシンボルともいえる教会で、1935年に建てられた。設計は旧三笠ホテルの設計にも携わったアメリカの建築家アントニン・レイモンド、施工には日光の宮大工があたった。
聖パウロカトリック教会

ショー記念礼拝堂
避暑地としての軽井沢を開発したACショーが布教活動の拠点とした軽井沢最古の教会。入口前の右手にはショーの胸像が立っている。
教会の右手にあるショーハウス記念館は彼の別荘を移築復元したもの。
ショー記念礼拝堂 外
ショー記念礼拝堂 中
ショーハウス
ショーハウス


東日本一人旅3日目:8月8日
松本から篠ノ井へ行き、そこから「しなの鉄道」に乗り換え、軽井沢へ。軽井沢駅前でレンタサイクルを借り、旧軽井沢方面へ行き教会を見て旧軽井沢銀座を歩いた。途中、ショッピングモールでカラクリを展示・販売している店を見つけて入ったりもした。
なんというか、軽井沢は俺みたいなバックパッカーもいたけど、雰囲気は上品でセレブが多いよーな気がした。軽井沢はいろんなショップがあって、見て周るだけでも楽しかった。
軽井沢 カラクリ屋

スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

上高地
上高地 散策

上高地
常念岳、槍ヶ岳、穂高岳、焼岳など北アルプスの秀峰に囲まれた地。明治20年代にイギリスの宣教師で登山家のウォルター・ウェストンの著作「日本アルプスの登山と探検」によって紹介されてからは、日本有数の景勝地・登山基地として多くの観光客が訪れている。
夏になお冷たい梓川に架かる河童橋周辺は観光の中心。清流と山々の造り出す美しい景観は一見の価値がある。

大正池
1915年の焼岳噴火活動によって梓川がせき止められて造られた池。水没した樹林が立ち枯れ、焼岳や穂高連峰を水面に映し、幻想的な景観を見せる。近年、焼岳の土砂の流入で陸地化が進み、年々規模が縮小しており、当初の3分の1の面積しか残っておらず、いずれ消滅してしまうといわれている。
大正池

河童橋
上高地のシンボルとして知られる吊橋。梓川に架かる橋の上からは穂高連峰の眺めが美しい。上高地観光の中心地でここを基点に南北に散策路が伸びている。
河童橋

明神池
明神岳の南麓、原生林に覆われた幽玄な池。畔に立つ穂高神社の奥社の御神体でもあり、荘厳な雰囲気が漂う。
明神池

東日本1人旅2日目・昼
畳平から平湯温泉を経由して上高地へ。
2時ごろ大正池に到着。そこから河童橋へ向かって歩き、河童橋付近で休息を取った後、明神池へ。明神池に着いたのは5時ごろで人はほとんどいなくて、とても静かだった。明神池は朝靄がかかるのが有名らしい。夕方に行ったので靄は見れないと思ったけど、30分ぐらい明神池の畔で黄昏ていると靄が!!見れてよかった。
明神池の畔で出会った60代の夫婦と少しの間喋りながら河童橋へ戻った。
この夫婦と互いに写真を撮りあったんだが、この時おじいさんが「この写真は(自分の)葬式のときに使うから少しアップで撮ってくれ」とか言い出すし。人をアップにしたら綺麗な景色が写らねぇよ。
明神池 俺

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

乗鞍
乗鞍 万年雪

乗鞍
長野県と岐阜県にまたがる高原と山岳のエリア。
剣ヶ峰

乗鞍岳
標高3026mの主峰:剣ヶ峰を中心に数々の支峰をもつ。標高2702mの畳平までは日本一標高の高いスカイラインが整備されており、最近までは車で登ることができた。しかし現在はマイカー規制の為、バスを利用しなければならない。畳平のバスターミナル付近は土産物店や郵便局があり山頂散策の拠点。鶴ヶ池畔にみられる高山植物が美しい。剣ヶ峰頂上までは片道1時間半。山頂から見渡す南・北・中央アルプスは雄大。
剣ヶ峰 山頂

東日本一人旅2日目:8月7日
漫喫を出て南松本から松本へ移動。松本電鉄で新島々へ行き、バスに乗り換えて畳平に到着。乗鞍の気温は15℃ぐらいで少し肌寒かった。
お花畑を傍目に通り過ぎ肩ノ小屋へ。ここから剣ヶ峰へ登るには荷物(10kg超)が重くて邪魔だったので小屋の外に放置していった。剣ヶ峰は足場が悪いところが多かったので荷物は置いていって正解だった。40分程で頂上に到達。少しガスが出始めていたけど、頂上からの見晴らしは最高。下るのもなかなか大変だった。
ちなみに、剣ヶ峰に上るのは2回目。初めて来たのはいつだったかな・・・。まだだいぶ小さい頃だったからハッキリ覚えてない。
乗鞍 俺

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

松本
松本城 昼

松本
3000m級の山々を西に眺望する松本盆地の中心にある。北アルプスの玄関都市。中世に信濃国府が置かれ、戦国時代から近世にかけて松本城の城下町として発展してきた。また、千国、野麦、伊那、北国西街道が交差する交通の要所でもあり、木曽や諏訪、伊那を含む中南信地方の中核都市として栄えた。

松本城
市の中心にあり、現存する5層の天守閣の城としては日本最古のもので、戦国時代の面影を残す貴重な文化財。黒の下見張り板が特徴。城の周囲は松本上公園として整備され、東側には太鼓門が再建されている。
松本城 夜

旧開智学校
日本で最古の小学校の1つで重要文化財。1876年に建設された近代的な擬洋風建築。1963年まで90年間小学校として使われた。
旧開智学校

東日本一人旅1日目:8月6日
朝から9時間かけて大阪から松本(長野県)へ。
あまり意味は無かったが、岐阜を横断するルートから名古屋を通るに変更した(気分的に)。
やっと松本に到着したのは夕方。松本市街を散策。松本城のライトアップはかなり綺麗。
この日の晩は南松本にあった漫喫。

ナワテ通り
ナワテ通り
路地と猫
松本 路地

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。