破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩 (城下町)

日本海に注ぐ松本川と橋本川に挟まれた三角州に広がる萩は、1604年、毛利輝元が萩城を築いて街を整備し、三十六万石の城下町となった。萩城から市街中心部にかけての町並みは碁盤目状で、当時の建物も多く残り、今も当時の面影をよく留めている。

萩はまた、木戸孝允(桂小五郎)や高杉晋作などの明治維新の志士たち多く輩出した街でもある。

城下町
萩城の外堀跡の東側一帯はかつて藩の御用達商人や藩士が住んでいた地域。特に菊屋横丁・伊勢屋横丁・江戸屋横丁の3本が並ぶあたりは、今でも江戸時代の地図でも歩けるほどで、ここ一帯に木戸孝允旧宅・青木周輔弼旧宅・高杉晋作誕生の地などが密集している。また、萩城城下町として国の史跡に指定されている。

菊屋横丁
菊屋横丁

江戸屋横丁
江戸屋横丁

円政寺
境内には十二支の彫刻が施された珍しい形式の金比羅社があり、神仏混合の名残がある。伊藤博文や高杉晋作などが幼少の頃遊び、学んだ場所であり、幼い高杉晋作が肝試しをしたという大きな天狗の面や、遊んだ木馬などが残っている。
円政寺
城下町一帯ではいくつかのツアー客と遭遇したが、ほとんどの客は寺の外から写真を撮るだけで円政寺に参拝していないようだった。境内に入るのに200円かかったが、城下町一帯の地図を頂ける。また、このとき境内にいたのは僕1人で、暇そうにしていた住職さんとおぼしき人がいろいろ高杉晋作や伊藤博文、城下町のことなどを話してくれた。

菊屋家住宅
菊屋家は毛利輝元に従って山口から移ってきた藩の御用商人で、大年寄格でもあった商人。江戸初期に建てられたという主屋は広い座敷を持ち、幕府からの使者が泊まる場所として使われた。広い敷地内に蔵が立ち並ぶ。各部屋には、藩主からの拝領品や古書、民具、衣装などが数多く展示されている。 下の写真は展示品のひとつの百人一首。この百人一首は絵も文字も全て手書きで作られている。
菊屋家住宅展示物

高杉晋作誕生の地
幕末に奇兵隊を率い、長州藩討幕派の推進役となった高杉晋作が生まれ育った家。
高杉晋作誕生の地

スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。