破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
礼文島
フェリー プリンス宗谷

東日本1人旅13日目:8月18日
ドームに張ったテントの中で5時半起床。荷物をまとめ、テントをたたんでバックパックに固定。出発の準備ができて、隣のライダーのお兄さんとお姉さんに別れの挨拶。
「ありがとうございました。」「気をつけてね。」「はい。」「よい旅を。」「よい旅を。」
6時20分発のフェリーで礼文島へ。約2時間で到着。天気は晴れ。道北(北海道の稚内地方)以外は大雨。旭川は床下浸水してるとこもあるとか。でもこっちは晴れてるし気にしない。
少し雲がかかってるけど利尻富士がよく見える。

礼文島の路線バスはとても本数が少ない。レンタサイクルでは遠くまではいけない。観光バスはイマイチ気分がのらない。悩んだ末、レンタカーを借りることに。レンタカーを借り、礼文島をドライブ。とても気持ちがいい。窓を開けて走ると最高だ。
礼文 道路
スコトン岬に行き、次に澄海岬へ行ってうに丼を食べた。つぶ貝をおまけしてくれた。
うに丼 礼文
どっちも最高に美味い。
最後に桃岩付近の丘(?)に行ってあたりを見渡す。
礼文島桃岩付近
フェリーから見た利尻富士が綺麗に見える。時間があれば利尻島にも行きたいけど・・・。今日中には旭川まで戻らないといけないしと諦めた。

フェリーで稚内に戻り、旭川方面の電車が出るまであと1時間半。ドームに寄ってみるとやっぱりもうライダーの2人はいなかった。出発までのあいだに、お土産を買って大阪に送った。あと7日間持ち歩くわけにはいかないし。
出発直前、駅の蕎麦屋さんでいなり寿司を買って電車に乗り込んだ。景色を眺めつつ稚内に別れを告げた。旭川到着まで5時間。

礼文島(れぶんとう)
北海道北部、稚内の西方60キロメートルの 日本海上に位置する日本最北の島。礼文水道を挟んで利尻島の北東に位置する。一島一町で礼文町をなす。
島を縦断する道路は、東海岸のみにある。西海岸は地形が険しく、また西からの強い季節風が年中吹き付けて気候が厳しいため、高い木の生えない荒涼とした笹地が多い。
最北部須古頓(スコトン)岬から西岸沿いを縦断するトレッキングコースが整備されている。冷涼な気候のため、最高峰の礼文岳(490m)から島の西半分にかけてはレブンアツモリソウなどの高山植物が分布し、利尻礼文サロベツ国立公園にも指定されている。
この島で、テレビドラマ「Dr.コトー」のエンディングに使われている中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」のプロモーションビデオが作られた。(ちなみに、Dr.コトーの本編が撮影されたのは沖縄の離島である与那国島。)特に中島みゆきが、その中で歌っている場所は「澄海岬」(スカイ岬)と言って、その名の通り南国の海と見間違うようなとても澄んだ美しい海で、素晴らしいロケーションである。
スコトン岬
スコトン岬
澄海岬
澄海岬

礼文島の信号
礼文 信号
礼文島には信号が2つしかない。フェリー乗り場の岬の近くと島の小学校の前。写真は小学校の前の信号。人通りはほとんど無い。この信号は、子供たちに信号というものを教えるために造られた。

利尻岳
北海道、利尻島に位置する単独峰。 利尻町、利尻富士町の2町にまたがる山で、日本百名山の1番目に数えられる。
国土地理院では利尻山(りしりざん)という名称がつけられているほか、「利尻富士」とも呼ばれる。
利尻富士

スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。