破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青森
三内丸山遺跡

東日本1人旅18日目:8月23日
カプセルホテルを出てバスで三内丸山遺跡へ。三内丸山は綺麗な博物館的な建物が建っていて、観光地として確立されていた。
遺跡は埋め返されていて、その上に住居などが復元されていた。
パーっと見てバスで青森へ戻るとき、地元のおばあちゃんが話しかけてきてくれたんだけど、方言がきつすぎて何を言っているのかほとんど分からなかった。分かったのは、畑仕事を終えて家に帰るってことだけ・・・。
青森に着いて、次の目的地、弘前へ移動。

三内丸山遺跡
三内丸山2
青森県青森市で発見された縄文時代の集落跡。遺跡跡には住居群、倉庫群のほか、シンボル的な3層の掘立柱建物が再現されている。
遺跡には、通常の遺跡でも見られる竪穴住居、高床式倉庫の他に、大型竪穴住居が10棟以上、さらに祭祀用に使われたと思われる大型掘立柱建物が存在したと想定されている。

六本柱建物跡
現在まで三内丸山遺跡で発見された遺構の中で最も重要視されているもの。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。