破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶴岡
羽黒山 五重塔

東日本1人旅18日目:夜
弘前からひたすら南下。何度も乗り換え、「この日最後の乗り換えとなってしまった電車」に乗るとその電車が遅れていて、「本当は最後もう1回乗り換えるはずだった電車」に乗れなかった。で、結局、鶴岡まで行く予定が酒田という街までしかいけず終電で終点。
仕方がないので、携帯で漫喫を調べてみるとなんと1つ見つかったので30分歩いて行ってみると、夜11時で閉店。結局寝る場所を確保できず。テントをはれる場所は川の土手ぐらいで、そこにしようかと思ったけど、数日前見たニュースで、川の増水で子供が流されたっていうのを見ていたので、やっぱりテントを張る気にもなれず駅へ戻った。
結局、駅から歩いて5分のステーションホテルという名のボロい安そうな所に泊まることに決定(あまり安くなかった)。

東日本1人旅19日目:8月24日
朝、鶴岡へ出発。鶴岡駅には9時過ぎに着いたけど観光案内所はまだ開いていなかった。仕方が無いので、自力で出羽三山の羽黒山行きのバスを見つけた。駅のコインロッカーに荷物を置いて行こうと思ったけど、小さいロッカーしかなくてバックパックが入らない。仕方なく、バックパックの中身を引っ張り出して半分ぐらいロッカーに入れておいた。

バスに乗って羽黒センター(というただのバス停?)に行き、そこからまず、門をくぐり、最初少しだけ下るが、ほどなくして登りになる遊歩道的?な石段の道を40~50分ほど歩くと羽黒山にある三神合祭殿に着いた。途中に五重塔があり、そこから一ノ坂・二ノ坂・三ノ坂とひたすら登る。
三神合祭殿のあたりで1時間半ほどウロウロし、今日はできるだけ大阪へ帰るのに向けて南下しておきたかったので、登ってきた石段の道を帰ることに。バス停に着くも、時刻表を見ると30分後にしかバスが来ない。時間つぶしがてらバス停の近くの店でうどんを食べた(うどんを選んだのには特に意味なし)。うどん 羽黒山
鶴岡(山形県)からひたすら南下。終電で辿り着いたのは富山。

出羽三山
月山・羽黒山・湯殿山の総称。修験道を中心とした山岳信仰の場。それぞれの山頂に神社があり、これらを総称して出羽三山神社という。羽黒山に三社の神を併せて祀る三神合祭殿がある。

三神合祭殿
出羽三山 三神合祭殿
出羽三山の三神を祀る建物。月山神社と湯殿神社を合わせて三神合祭殿としている。
【月山神社】
月讀神(つきよみのかみ)
【出羽神社】
伊弖波神(いではのかみ)
【湯殿山神社】
大己貴命(おおなむちのかみ),少彦名命(すくなひこのかみ),
大山祇命(おおやまづみのかみ)

羽黒山五重塔
東北最古の塔。平将門が建立。
写真は↑。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。