破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~バンコクの寺めぐり~
アジア3カ国1人旅『3日目』:3月23日(金)

寺めぐり
朝、RS君と散歩してワット・ポーへ行くも、トゥクトゥク(3輪タクシー)のオヤジとグルで騙そうとしていたオヤジの2人に「今はお祈りの時間だから寺には入れないから、俺のトゥクトゥクに乗って違う寺を観光しよう!」と声をかけられ、適当にオヤジ共をあしらってその場を離れた。しかし、「今はお祈りの時間だから入れない」と言うのは信じてしまい、歩いて宿に帰った。(後で他の人に聞いたら、普通に入れる時間だと言われた…)。

ワット・プラケオ
ワット・プラケオ①
ワット・プラケオ②
衛兵の行進
夜バンコクを出発なので自分の荷物をまとめ、シャワーを浴びて宿のおばちゃんに「今夜出発だから、夕方まで荷物を置かせて」と説明し、荷物を預かってもらって、今度はNS君と『ワット・プラケオ』に行った。
バンコクは10年前に家族で来たことがあって、あまり記憶が残ってなかったけど、ワット・プラケオは入ってみると思い出した。
プラケオは建物がキラキラしていて、これがタイ仏教か~と思いつつ見て周った。敷地はかなり広かった。1時間半ぐらいかけてゆっくり見て周った。見て周っている途中、偶然、衛兵の交代を見ることができた。

暁の寺:ワット・アルン
ワット・アルン①
ワット・アルン②
ワット・プラケオを出て、屋台で昼飯を食べつつ、次はどこに行こうかと相談。
チャオプラヤー川を渡って『暁の寺:ワット・アルン』に行こうと決定。
渡し舟を探し、3B≒9円で対岸へ。ブラブラ歩いてワット・アルンへ入った。1番大きな塔の登れるところ(半分ぐらい)まで登り、下の景色を眺めながら休憩。

ワット・ポー
寝釈迦①
寝釈迦②
チャオプラヤー川を渡って戻り、『ワット・ポー』へ。
今度は朝の騙そうとしているオヤジ共にも会わず無事入れた。
ワット・ポーには巨大な寝釈迦仏があった。説明によると、全長49mだとか。でけぇ!
足の裏は土踏まずがなくて、バラモンの宇宙を意味する108の絵が描かれていた。
108と言えば、仏教では煩悩の数だけど、何か関係でもあるのかな?ん~、おもしろい。

ワット・ポーを出てトゥクトゥクと交渉し、トゥクトゥクに乗ってカオサンに帰ってカオサンをブラブラ。屋台の焼きソバみたいなの(写真参照)を食べたり、ビールを飲んだりして宿に帰った。6時に宿でRS君と待ち合わせをしていて、昨晩以来の3人集合。
焼きソバ カオサン
焼きソバ出来上り カオサン
カオサン ビール
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。