破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ビエンチャン メコン川の畔の屋台~
アジア3カ国1人旅『4日目』:夕方~夜

メコン川の畔の屋台でBeer Lao
日が暮れ前になると、メコン川沿いに屋台がいっぱい出てくる。そのうちの1つに適当に声をかけてメニューをもらい、とりあえずラオスのビール『Beer Lao』の瓶を注文。
メコン川と夕日とビール。あぁ、最高だ・・・!!
メコン川沿い屋台 ビエンチャン1
メコン川沿い屋台 ビエンチャン2
Lao Chicken spice soup
日が暮れてしまい、続いて晩飯をそこの屋台で食べることに。Lao Chicken spice soupとライスを注文。
スープは物凄い香草の味が。でもまぁ、香草は食べられないってほどイヤではないし。

ラオスのバンド
お腹もいっぱいになったところで川沿いをブラブラ。
土曜日の晩ということで、メコン川沿いにあった舞台でラオスのバンドが十数組ほどライブをしていた。会場は物凄い人だかり。開場に入りきらないラオスの人達が開場の外のメコン川の土手にもずらーっと並んで立ってライブを見ていた。
ライブ会場 ビエンチャン
ライブ ビエンチャン
ライブ会場沿いの土手
3,4組ほどバンドを見てゲストハウスへ帰った。

トランプゲーム「戦争」
ゲストハウスでは廊下に置いてある机でイスラエル人とスウェーデン人がトランプで遊んでいた。見ていると日本では「戦争」って言うゲーム(トランプを上から1枚ずつ出して強いカードだった方が相手のカードを奪うという、ほぼエンドレスのゲーム)っぽいなぁと思ったので、「それは何ていうゲーム?」と聞いてみると、「WAR」だとの答え。やっぱり。って言うか、名前も一緒何やね。
しばらく見ていると、同じ数字が出たときのルールで「スウェーデン式(?)ローカルルール」と「イスラエル式(?)ローカルルール」でもめだした。結局、イスラエル式(同じ数字の場合、先に場に出ているカードをバシッと音を立てて叩いた方が勝ち)でゲームは進んだ。
折角なので、「僕もやらしてー」と言ってみると、スウェーデン人の人が代わってくれた。
ひと通り遊んで喋って部屋に戻った。
RDゲストハウスは韓国人経営なので韓国人が少し多かったけど、欧米人もかなりいた。ドミトリーは韓国人3人とイスラエル人とヨーロッパ人(どこかは忘れた)というメンバーだった。トイレ、シャワー共同。部屋は清潔。

「歩き方」には、公用語は『ラオス語』と書かれていたので不安だったけど、商売している人達は英語が通じたので困らなかった。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。