破壊の前に創造を
みんな知ってると思うけど、実はこのBLOGは旅行日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~バンコクで出会った2人とお別れ~
アジア3カ国1人旅『5日目』:3月25日(日)

~ビエンチャン:2日目~

~バンコクで出会った2人とお別れ~
朝早くに目が覚めたので軽く散歩。
メコン川沿いの土手(昨晩の晩飯を屋台で食べた辺り)をブラブラ。
ビエンチャン メコン川沿い
屋台はきれいに片付けられていた。
朝はまだ暑くなくて快適。散歩から戻ってくると、RS君とTS君がちょうど朝飯に行くところだったので一緒に朝飯を食べに行った。
2人は10時にバスでバンビエンへ行く予定だと聞いていたので、9時半ぐらいからゲストハウスの前で待って2人とちゃんと別れの挨拶をした。

~パトゥーサイの展望台~
2人と別れ、まず、もう一度タラートサオをぶらぶら。
その後、パトゥーサイに行き今度は展望台に登った。料金は3000kip。歩き方には2000kipと書いていたのに値上がりしていた。というか、ビエンチャンのいたるところでガイドブックに書いてある値段より色んな物(ゲストハウスの値段とか)が値上がりしていた。
ラオスは今年(2007年)から日本人は2週間ビザがいらなくなったりして、観光地の開発が進んでいる最中だから、これからもいろんな物の値段が上がっていくんだろうと思う。
静かなラオスを体験できるのも今のうち(?)かもしれない。
パトゥーサイからの眺め
パトゥーサイからはビエンチャンの町が一望できた。
噴水 ビエンチャン
1時間ほどパトゥーサイの上でぼーっとしていると、12時になったとき突然パトゥーサイの前にある噴水からラオスの音楽(?)とともに水が出だした。
何も期待していなかっただけにちょっと嬉しかった。

~黄金の仏塔:タートルアン~
タートルアン1
タートルアン2
タートルアン3
パトゥーサイの展望台から降りて、黄金の仏塔:タートルアンを見るべく歩いて行った。結構遠かった。
タートルアンは12時から13時の間昼休みで入れず。
13時になり、5000kipで入場。境内には黄金の仏塔以外に特に見るべきものは何も無く少しガッカリ。

タートルアンからの帰りはトゥクトゥクに乗った。ボッたくられた。(ボられたと言っても日本円で考えると全然安いんだけど、やっぱりそう考えるのはあんまりよくないか・・・。)

~次の目的地への準備~
ゲストハウスに帰って翌日26日発のラオス第2の都市:ルアンパバーン(ルアン・プラバン)行きのvipバスのチケットを購入。そして今日も昼寝(夕方寝)。

起きて、夕日を見ながらメコン川沿いを歩き、暗くなりきる前に屋台でビール。
メコン川沿い屋台 ビエンチャン3
屋台の机と椅子でご飯を食べている旅人たちの間を、ラオスの子供たちが風船を売り歩いていた(↓)。
メコン川沿い屋台 風船売り ビエンチャン
メコン川沿い屋台 蝋燭 ビエンチャン

疲れが出始めたのか、昨日のLao Chicken spice soupがあたったのか分からないけど、腹を下していたのにビールを飲んで少し不安になったので水を飲んで寝ることに。
スポンサーサイト

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 破壊の前に創造を all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。